ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 総合ビルメンテナンスの重要性

総合ビルメンテナンスの重要性

総合ビルメンテナンスの3つの重要性


従来ではビルなどの大きな建物は限定されている場所にしかなかったのですが、現在では都内だけでなく、地方でも多くのビルが建っています。それに伴い、ビルに関しての役割も様々になっています。仕事の用途でビルが建設されたり、ショッピングモールなどの役割を担っているビルもあります。仕事の用途で建設されたビルは、その中に多くの企業がその一角をテナントとして借りて仕事をしています。ショッピングモールの用途で建設されたビルには多くの飲食店や販売店が入り、たくさんのお客様が訪れることになります。多くの方がそのビルで買い物をしたり仕事をすることになるので、総合ビルメンテナンスはとても重要になってくるのです。メンテナンスをしていないと人に害を及ぼすこともあるので、ビルの管理者の多くはとても重要視しています。総合ビルメンテナンスをする重要性は主に3つあります。
一つ目は、その建物や人を守ることができる点です。マンション等も同様に、ビルという場所は多くの人が訪れることになります。そのため、万が一の事があった場合は、被害が普通の一軒家などとは異なる場合があるのです。大規模な被害だけでなく、空調の管理などをしっかりとしていないことでビルを利用している方の気分が悪くなることもあるので、しっかりと総合ビルメンテナンスをしておく必要があるのです。
二つ目は、万が一の事があった時のために対策をしっかりと考えることができ、最小限の被害で抑えることが可能になるという点です。基本的にビルでは火災などが起こることも考えておかなければなりません。多くの飲食店が入っている場合どうしても火を使う機会が多くなる為、一軒家などに比べて火災の危険性は高くなります。しかし、総合ビルメンテナンスをしておくことによって消防機器に関する点検も常日頃から行うことができるので、もしも火災が起きてしまった場合でも火災のための装置が正常に動作する可能性が高く、最小限の被害で食い止めることが可能になります。
三つ目は、信頼性の向上です。現在では耐震対策をしているビルが信頼性を高めています。同様に火災などに対しての取り組みやそのビルをどのぐらい安全に利用できるかどうかということもとても重要になります。安全に利用することができるビルは、その分信頼性も高くなります。ビルを利用したいと思う方が増えるのです。一角を貸しているビルなどではそのビルを利用してくれる人が重要になりますが、利用したいと思う方が増えることでビルの利益を向上させることができる場合があるのです。

総合ビルメンテナンスの3つの点検項目


総合ビルメンテナンスでは様々なメンテナンスや点検などが行われます。その点検はそのビル等を利用する方の安全を確保するために行われることになります。総合ビルメンテナンスの空調管理に関しては多くの項目が点検されますが、重要な項目は3つあります。
一つ目は温度です。温度の管理は建物においてはとても重要になります。そのため、温度の管理もしっかりと行われることになります。温度は基本的には17度から28度の間で管理が行われます。しかし、必ずしもこの温度に設定をしておけばいいというわけではなく、外気との温度差に関してもしっかりと考慮して設定がされます。夏の季節などでは外気の温度がとても高くなりますが、あまりにも温度差があるとビルを利用する方の体調が悪くなるので、5度から7度の差で設定されることが多くなっています。
二つ目は湿度です。湿度が低すぎるとウィルスが繁殖しやすくなってしまう為、利用者が風邪などにかかりやすくなってしまいます。そのため、湿度に関しては40%から70%の間で設定されることになります。
三つ目は二酸化炭素です。人間は酸素などが少なく二酸化炭素が多いと、体調を崩してしまう場合があります。そのため、人間に必要なこれらの項目もしっかりと管理されることになります。

総合ビルメンテナンスの業者の選び方


総合ビルメンテナンスを生業としている業者はとても多くなっているので、ビルの管理者や建物の管理者の中にはどのような業者を選択したらいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。選択するためのポイントは大まかに分けて3つあります。
一つ目は、値段が安価かどうかです。業者の中では企業努力によりなるべく安い価格で総合ビルメンテナンスをしてくれるところがあります。費用を重視して選ぶ方も多く、なるべく費用の安い業者を選択する必要があります。
二つ目は、業績です。業績がある場合は信頼性が高くなるので、比較的安心して利用することができるようになっているのです。
三つ目は、早く報告書を提出してくれるかどうかです。提出書が遅いとビル管理が遅れてしまう場合があるので、スピーディーに報告書を用意してくれるところを選択する必要があります。このように業者を選ぶポイントというのはいくつかありますので、しっかりと選択するためにもポイントをおさえることが重要です。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.