ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 消防設備点検を業者に依頼しよう

消防設備点検を業者に依頼しよう

消防設備点検をビル管理会社に依頼をしよう


日本では万が一災害が発生した際にそれに対処するためにあらかじめ設備などをビルに設けて災害を最小限に抑える対策が施されています。日本は地震が頻繁に発生するため、地震から火災に発展するケースもあります。また、ビルや施設の利用者が喫煙をしてその残り火から火災に発展することもあるでしょう。
火災は何時起こるか分からないため、発生した際には最小限に抑えることができるようにしておくのが一般的です。ビルの管理者の中には消防設備点検をビル管理会社に依頼をしようと思われている方もいるのではないでしょうか。大きな施設では消防署などに設備点検の報告が義務付けられているので実際に業者を利用している方もいるでしょう。では業者に依頼をすることでどのような消防設備点検が行われるのでしょうか。
例えば消火器の機能点検です。消火器を設置しているところはビルだけでなく、様々な施設に設置されていますが、使用頻度が少ないため定期的に交換し忘れている方もいるのではないでしょうか。もし火災が発生して消火器が正常に機能しなければ小さい範囲の火災を消すことができなくなってしまいます。最悪のケースではその小さい火災から大きな火災に発展するケースもあるでしょう。消防設備点検ではしっかりと消火器が機能するのかを確認してくれます。
また、消火器放射訓練も平行して行ってもらうことができます。地元の消防団などに所属している方は消火器の使用方法を知っている方もいますが、都会においては消防団などが自治体にないケースもあるため、消火器の使用方法を知らない方も数多く存在します。もし火災が発生した時に正常に動作する消火器が設置されていてもビルの管理をしているスタッフが消火器の使用方法を知らなければ適切に対処することができないでしょう。訓練を行うことによって消火器の使用方法を理解できるため、もしもの時の災害に対応できる可能性が高まります。消火器の機能点検や訓練だけでなく、消防設備点検では避難器具の点検も行われます。火災が施設内に広がってしまった際にはビルを利用する方や住民は避難をすることになります。避難器具が正常に動作しなければ逃げ遅れて被害が大きくなることもありますが、避難器具も定期的に確認しておくことによって火災が起こった際に円滑に避難をすることができるでしょう。
また、スプリンクラーの点検も行われます。スプリンクラーが機能することによって火災の広がりを最小限にすることが可能です。その他にも非常放送鳴動試験も行われます。基本的に火災が発生した際には非常放送を利用してビルの利用者に火災が発生したことを知らせることになります。一軒家であれば家族の誰かが火災に気付いたらそのことを大きなことで家族に知らせることができますが、ビルは面積が広く、部屋の数も一軒家と異なり多くの数があるので大声で火災が発生したことを知らせても多くの方はその情報を知ることができません。もし非常放送鳴動試験をしていなければ正常に作動しないこともあるでしょう。

消防設備点検を報告する流れについて


ビルの管理人の中には自分で消防設備点検ができるのではないか?と思われている方もいますが、消防設備点検ができる方は消防設備士や消防設備点検資格者になります。そのため、一般的には業者に依頼をして行ってもらうことになります。
消防設備点検には二種類あり、機器点検と総合点検になります。機器点検は六カ月に一回、総合点検は一年に一回行わなければなりません。また、報告の機関に関しては特定防火対象物に関しては一年に一回報告する義務を負っています。特定防火対象物とはホテルや飲食店など、不特定多数の多くの方が利用する施設になります。非特定防火対象物は三年に一回報告する義務を負っています。非特定防火対象物とは学校や駐車場、工場になります。報告先に関しては建物を管轄する消防署や出張所に提出することになります。

消防設備点検をしてもらうための業者の選び方にコツとは!?


現在では消防設備点検をしてくれる業者は複数あるので、ビルの管理をしている方の中にはどのような業者に依頼をすれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。選び方にはコツがあるので、コツを参考にして選択しましょう。
コツの一つとして挙げられるのが安価な価格でサービスを提供してくれるかどうかです。ビルの管理には多くの費用が必要になるでしょう。例えば清掃業務などにお金をかけているところもあります。そのため、管理人はできる限り安い価格で消防設備点検を受けたいと思われる方が多くなっています。業者によっては安い価格で提供してくれるところもあるので、そのような業者を利用されてみてはいかがでしょうか。業者の中には100件以上の業績があるところもあるので、そのような業者に依頼をすると初めて利用する方でも安心して消防設備点検を依頼することができます。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.