ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 消防設備の点検についての豆知識

消防設備の点検についての豆知識

消防設備点検では一体どのようなことが行われるの?


現在、消防設備点検は数多くの施設などで行われています。大型施設においては点検義務があるので、定期的に行われていますが、現在ではご家庭などでも行われていることが多くなっています。日本は地震大国になるので、災害が発生することは少なくありません。特に、地震は建物の損壊を与えるばかりか、火災に発展してしまうケースもあるため、施設では万が一のことが発生した場合に対処できる環境づくりが必要です。また、施設においては利用者が多くなるので、一般家庭や店舗よりも災害が与える影響が大きくなることが考えられます。定期的に業者に防災機器などをみてもらうことによって、いざ火災などが起きた時でも対応できる施設作りをすることができます。では一体、消防設備の点検ではどのようなことが行われるのでしょうか。点検に関しては大まかに分けて三つあります。
一つ目は、防火扉です。これは火災の被害拡大を最小限に抑える重要な設備になります。とある区間で火災が発生した場合、防火扉でその部分を挟むように防火扉を閉めることによって、火災がその区間から他の箇所に移る危険性を最小限にとどめることが可能になります。しかし、いざ火災が発生した時に防火扉が機能しなければ多くの箇所に火災が移ってしまうので、建物が全焼してしまうこともあります。そのため、被害を最小限に食い止めるためにも防火扉を定期的に点検する必要があります。
二つ目は、防火シャッターです。防火シャッターの役割は防火扉と同じになります。しかし、防火扉は手動のものもありますが、基本的に防火シャッターは自動にシャッターが降りるものになります。そのため、シャッターを下ろすことができない場合、機能しないということになるので、シャッターがしっかりと動くかどうかの検査をすることになります。
三つ目は、避難施設の点検になります。避難をする際に活用される避難施設ですが、この施設に関しても点検が行われることになります。避難施設が劣化などをしていると、いざ建物から避難しようとしてもその施設を利用できないので、逃げ遅れなどが発生することもあります。そのような事態を未然に防ぐためにも避難設備も隅々まで見て機能するかどうか、劣化があるかどうかを確認することになります。
このように、防火設備の点検においては細かな箇所もしっかりと機能するのかを確認することになります。定期的に行うことによって、万が一の時に消防設備が機能するだけでなく、利用者の多くの命を守ることができるのです。

大きな施設の点検は防火設備だけでは不十分?


大きな施設は特定建築物になるので、防火設備だけでなく、さまざまな部分の検査をしなければなりません。防火設備以外の点検に関しては二つの例を挙げます。
一つ目は、建物の外側の点検です。建物の中で劣化しやすい箇所の一つに外壁があります。何故なら、外に晒されているので、雨や風などの影響を多く受けることもあるからです。外壁には耐久年数があります。さらに、大型施設では多くの方が利用することになるので、施設によっては劣化が早く進行してしまう恐れがあります。建物の外壁が劣化すると雨漏れなどが発生するばかりか、建物の内部が水に晒させることもあるので、建物の基幹部分などの劣化の原因になる恐れもあります。そのため、定期的に検査を行い、利用者が快適に来ることができる施設作りをすることが大型施設には求められます。
二つ目は、昇降機等です。大型施設の多くはエレベーターやエスカレーターなどが設置されています。エレベーターやエスカレーターの事故が起きれば、利用者が怪我をしてしまうこともあります。特に、エレベータの事故は重大な事故に繋がることもあるので、そのような箇所も点検することになります。

消防設備点検をする際にはどのような業者を選んだら良いの?


基本的に、消防設備などの機能検査などを行うためには有資格者にお願いをして検査などを実施してもらうことになります。現在では、建物の設備検査などを行ってくれる業者はとてもが数多くいるので、施設の運営者はどのような業者を選択したら良いのか分からない方もいるのではないでしょうか。業者を選ぶ際のポイントは二つあります。
一つ目は、高い技術を提供してくれるかどうかです。当然ではありますが、業者によって技術力は変わります。業者の中には定期的な検収や資格取得などを促し、スタッフの技術力を日々高めてくれるところもあります。そのような業者を選択することによって細かな検査を受けることが可能です。
二つ目は、実績などがあるかどうかです。施設の運営者の中には、初めて検査を受ける方もいるのではないでしょうか。初めて利用する方の中には、検査に関して悩みや不安などを抱いている方も少なくありません。実績があることによって経験が豊富にあるので、悩みや分からないことにも対応してくれることがあります。そのような業者を選択することによって、初めて利用する方でも安心して検査を実施してもらうことができるのです。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.