ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 消防点検は人の命を守るために必須な点検です

消防点検は人の命を守るために必須な点検です

消防点検は人の命に係わります


ビルの管理というと、不動産業者が行うことが多かったですし、設備の管理というと、外部業者に依頼するという事がほとんどでしょう。また保安警備という点も、警備会社に依頼する方法が主流でしょう。また最近では、ビルやマンションの管理を総合的に引き受けてくれる専門業者も出てきています。ビル内部の清掃は通常清掃会社に依頼しますが、ビル管理を行ってくれる業者が清掃も請け負ってくれるという事なら面倒がありません。警備や環境衛生の測定業務、設備管理やリフォーム、リニューアル工事なども、一つの業者が請け負ってくれるのであれば、マンション経営をされている方やビルを持っているオーナーにとって非常に頼もしいことではないでしょうか。
特に設備点検については現在、非常に厳しくなっています。雑居ビルの火災などで露呈した設備不良箇所の改修が全くされていない建物、こうしたところで火災が起こり、多くの命が失われたニュースなどをよく見るようになり、消防設備に関する法律はその度に強化され、法律改正となることも少なくありません。こうした点検を行っていない場合、責任はオーナーにかかってきます。消防設備点検などは、ビルを利用するすべての方の命にかかわる事なので、しっかりと法律に沿って定期点検を行い、不良箇所があれば改修し、常に安全が保たれている状態にしておかなければなりません。管理を行う業者がこうした点検をしっかり行い、必要な改修工事、必要な防災装備の設置などをしてくれるのであれば、清掃や保安などと共にトータルで依頼したいと考える方が多いでしょう。
今回は、ビルやマンション管理の中でも人の命に大きくかかわる消防点検とは、どのようなものなのか紹介します。法律改正も多い消防点検についてある程度理解しておくことは、ビルのオーナー、利用者としてもとても重要なことになるでしょう。こちらの記事で、役に立つ情報の提供ができればうれしいです。

消防点検は消防法で定められている義務


消防点検は消防設備点検といい、消防法という法律によって1000?以上の特定防火対象物について年2回機能点検を行う事、また年1回総合点検を行うことが法律により義務付けとなっています。これは行う義務があるので、もしも実施していない状態で火事が起きた場合、オーナーは大きな責任を負うことになります。こうした火災は常に起こっていることで、雑居ビルの火災など、死者を出す事もあるビル火災は非常に危険です。こうした火災が起きたとき、被害を最小限におさえるようにするため、消防法によって定期的に点検を行うよう義務付けされており、その法律は大きな火災が起こるたび、問題点について改正されることも多いです。火災などの重大な事故が発生し、のちに調べてみると必要な消防設備が設置されていないことが分かり、大きな問題となったこともあります。
必要な消防設備が設置されているか、避難道路が明らかになっているか、避難誘導灯などがしっかりと設置されているかどうか、こうしたことを点検し、必要な改修があれば改修を行う必要があることをオーナーに告げ、改修を促すなど大切な要素をたくさん持っている点検です。消防点検は、点検資格者が行う必要がありますので、専門業者に依頼される方も多いのですが、ビル管理を行っている業者の中にもこうした点検をトータルで請け負うため、資格者を設置しているところがあります。建築設備の定期点検や特殊建築物定期調査なども行ってもらう事ができる業者もありますので、火災、建築物のトラブルなどが起こる事がないように、しっかりと法定点検をおこなってもらいましょう。

適切な設備があることを点検で理解する


消防点検は消防法で義務付けられているもので、防火対象物の関係者、管理者については設置された消防設備について定期的に点検し、その結果を消防長、消防署に報告しなければなりません。民家などはこうした消防設備点検をおこなう必要がないので、ピンとくる人も少ないのですが、例えば飲食店では火を使いますし、人が宿泊する施設なども火を使ったり、火災が起こる危険性のあるものを使用しています。こうした施設には法律で定められた消防設備を設置する事が必要です。
例えば大きなデパートなどでは、消火器がいろいろな場所に設置されていますし、天井を見上げると、煙感知器などが設置されています。煙感知機はトイレなどにも設置されているので、見たことがあるという人も多いでしょう。またスプリンクラーや防火シャッターなど、大きな建物の場合、設置しなければならない消防設備が非常に多いのです。出入り口に向かって誘導灯で避難経路を知らせる設備なども必要です。買い物に来た人、宿泊に来た人、食事に来た人などが万が一、火災という事態に遭遇した時、速やかに避難できる経路があり、その経路をわかりやすく誘導できる設備も必要なのです。
こうした設備に不具合があったりトラブルがある場合でも、定期点検をしっかり行っておくことで改修や器具の交換などを適切に行うことでき、大きな事故にならないように安全へ配慮することができるのです。こうした点検をおこない、設備に問題がないという事を消防長や消防署に報告する義務付けを行うことで、ビルのオーナーなどに、火災についての対応をしっかりと行うように意識してもらうことができるわけです。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.