ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 消防法で義務付けられている消防設備の点検

消防法で義務付けられている消防設備の点検

安全に生活するためには火災対策も重要



現在でも火災などの事故が頻繁に発生しているのですが、この火災から身を守るためには、やはり消防設備の導入と点検は欠かせません。火災というのはいろいろなところから発生する危険性があるのですが、まずはどのような原因があるのかを知ることが重要です。火災が発生する原因としては、ガス漏れやたばこの不始末、寝たばこや家電製品からの出荷が多くなっています。

ガス漏れの場合には、使用していないときは元栓をしっかりと締めておく、ガスホースの点検を定期的に行うなどの対策ができるでしょう。たばこの不始末や寝たばこというのは、本人の過失なので、最もよい対策はたばこを吸わないことです。どうしても吸う際には、吸い終わったら水につける、火が付きやすいものの近くではたばこを吸わない、寝ながら吸わないという対策を採ることで、確実に防げるでしょう。

家電製品の場合には、古くなったら交換をする、コンセント回りのホコリをためないように頻繁に掃除をする、ねじれや亀裂などがないか確認しておくことが重要な対策になります。これだけしっかりと対策を行った上で、消防設備の設置と定期的な点検を行っておけば万全でしょう。しかし、最近は放火事件も発生しているので、家の周りに燃えやすい物を置かないということも重要な対策です。

特に燃えるごみを玄関に置いておく、前日の夜にゴミを出すという行為は危険です。面倒でも朝になってからゴミを出すようにしましょう。自治体によってはゴミ袋が紙になっているところもあるので、このような地域では特に放火対策が重要になります。



建物によって期間が異なる



消防設備の定期点検というのは、建物によって期間が異なっています。点検期間というのは消防法で決められているので、必ず期間内に点検を行わないといけません。例えば点検期間1年決められている場合には、1年以内に最低1回の点検が必要になります。基本的には1年に1回行うケースと、3年に1回行うケースがあるのですが、どのような建物が1年に1回で、どのような建物が3年に1回なのかを解説します。

消防設備の点検が1年に1回必要な建物の種類というのは、飲食店や百貨店、映画館や劇場、老人ホームや病院、幼稚園や福祉施設、保育園や公会堂などになっています。3年に1回と決められている建物は、主に会社や学校、寺院や教会、駅や図書館などが挙げられます。詳しい情報が記載されているサイトもあるので、インターネットで確認しておきましょう。

環境によって、インターネットなどで確認ができない場合には、消防署や役場などに連絡をすれば教えてもらえます。消防設備の点検は誰が行ってもよいというわけではありません。通常は専門の業者に行ってもらうため、点検報告を含め自身で何かを行う必要はありません。業者の方は報告を怠ってしまうと、報告義務違反として30万円以下の罰金、もしくは拘留されることになるので注意しましょう。一般の人にはこのような違反に関しては特に気にする必要はありません。また、消防器具には総合点検と機器点検があり、どちらもきちんと行う必要があります。



消防設備の点検を行える業者探し



消防設備の点検を行う際には、通常専門の業者に依頼するのが一般的です。しかし、専門の業者というのはたくさん存在しているので、どこに依頼するのか悩んでしまうこともあるでしょう。集合住宅のでは大家があらかじめ決めているので、特に問題はありません。会社などでも社長が決めることなので、社員はそれほど気にする必要はないでしょう。このようにあまり業者探しをする必要がある人というのは少なくなっています。

少なくなっているということは、どのように業者を選ぶべきなのか知らない人が多いということなのですが、どのような点が決め手になるのかというと、どれだけ丁寧な接客ができるのか、わかりやすく説明してくれるかどうか、技術力の高さ、対応エリア、対応時間などになるでしょう。さらに、できるだけ多くの情報を公開している業者を選ぶと安心できます。

料金を明確にしているか、対応エリアをホームページに記載しているのか、サービスの内容や会社概要など、できる限り多くの情報を記載しているところの方が信頼できます。また、初めて利用する場合、メールや電話で問い合わせをすることで、接客の善しあしが確認できるでしょう。できれば実績なども記載されている方が判断しやすくなります。

対応エリアは、自分の住んでいる家や会社などがエリア内に入っているのかを確認するために必ず知っておくべき情報です。対応時間はできる限り24時間365日対応してくれる方が便利です。このような点をしっかりと確認してから依頼する必要があります。消防設備の点検は法律で決められているので、どこかの業者に必ず依頼するようになるため、このような情報収集を避けて通ることはできません。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.