ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 建築設備点検を行うときのポイントと重要性

建築設備点検を行うときのポイントと重要性

建築設備点検の重要性


ビルの所有者にとって建築設備点検は重要なポイントです。建物にはさまざまな設備が備わっていますし、そのような設備の中には災害が発生したときに人々の生命を守るための大切な設備なども含まれています。こうした設備の点検をきちんと行っていないと、いざというときに大変なことになってしまいますし、時には人命にかかわってしまうこともあるでしょう。そもそも建築設備点検はビルやマンションなどの建物で災害が起きることを防ぐために行わなければいけないことが建築基準法によって定められていますから、これを無視することはできません。
どのようなビルでも建築基準法にのっとって建築設備点検は行われています。検査を定期的に行うことによって、いち早く設備の異常や不具合を発見し、起こり得る災害を未然に防ぐことが可能となるのです。先ほども言ったように、この点検を怠ってしまうことで人命に関わる事故に発展する恐れがありますから、その重要性は理解できるでしょう。また、定期的に検査を行うことによって早期に不具合を発見することができるため、完全に壊れてしまう前に保守メンテナンスを行えるというメリットもあります。
建築設備定期点検はどのようなビルでも実施が義務付けられていますし、建築設備定期検査制度と呼ばれる制度によって必要性が定められています。この建築設備定期検査は誰でも行えるわけではなく、必要な免許を持つ有資格者によって行わなければなりません。マンションのオーナーが簡単にできるような点検ではないのです。どのような資格が必要かということですが、国土交通大臣の定める建築設備検査実施者や一級、二級建築士などが該当します。これらの資格を持たない人が検査を行うことはできません。

どのような部分を点検するのか


建築設備の定期点検でどこを点検するのかということですが、これもある程度決まりがあります。その決まりにのっとって点検を行う必要がありますが、基本的に有資格者ならこの決まりについても理解しているでしょう。具体的にどこを点検するのかということですが、大きく分けると換気設備と排煙設備、非常用照明装置、給排水設備となります。換気設備はその空間を快適に保つために絶対必要なものですし、仮に火災などが起きたときに煙をきちんと換気できる必要があります。
排煙設備も同じく建物内で火災などが起きたときに煙を外部に排出する機能を持っています。排煙設備が機能していないとなると煙が建物内に充満してしまいますし、時には人命に関わるような大事故になってしまうことも考えられます。人々の避難や消火活動をサポートするためにも非常に重要な設備となりますから、きちんと細部にわたって点検を行わなければなりません。腐食が起きていないか、障害物が途中にないか、設置状況は正しいかといった部分をチェックします。
非常用照明装置は災害時などに人々のスムーズな避難をサポートするために重要な役割を持っています。災害時には停電が起きてしまうこともあります。そうなると避難ができなくなってしまうこともあるでしょう。このような状況下においても迅速に避難ができるように非常用照明装置もきちんと点検しておく必要があります。また、人間の生命活動にもっとも必要と言われる水を確保するための給排水設備も重要な点検ポイントとなっています。ポンプの確認や腐食、漏れなどがないかどうかも確認します。

専門家への依頼がベスト


建築設備の定期点検は先述したように有資格者によって行わなければなりません。資格を有していない人が点検をしたとしてもそれは点検をしたことになりませんし、認められませんから注意しましょう。そのため、ビルの設備の定期点検は基本的に専門家に依頼し、必要なお金を払って定期的に点検をしてもらうことになります。このようなビルや建物の点検を専門とするような企業もありますから、そのような専門業者に依頼すると安心でしょう。
ビル清掃などを行う企業の中には有資格者が在籍しているケースもありますし、ビル管理を総合的に行っているところもあります。オフィスビルの清掃はもちろん、さまざまな管理業務を一手に担っているような業者もありますから、そのような業者だとすべてを一括して任せることができるでしょう。オールインワンのサービスなら発注する側としても楽ですし、便利ではないでしょうか。ビルの清掃からあらゆる管理、設備の定期点検まで任せられるとなるとこれは大変便利です。支払いなども複数社ではなく一社で済むため楽です。
業者によって設備の定期点検は費用も変わってきます。基本的には見積りが行われると思いますから、まずは見積りをしてもらいましょう。建物の面積やどこまで点検するかなどによって費用が変わってきます。業者を選ぶときにはなるべく設備定期点検を長いあいだ行ってきた経験豊富な業者を選ぶことです。豊富な経験がないと不具合や異常をきちんと発見できるか分かりませんから、信頼できる実績豊富な業者が安心ではないでしょうか。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.