ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 建築設備検査の具体的な内容と費用についての基礎情報

建築設備検査の具体的な内容と費用についての基礎情報

建築設備検査の基礎知識


建築設備検査という言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれませんが、建築設備検査とは文字通り建築物の設備を検査することです。建築基準法はご存じの方が多いと思いますが、この建築基準法によって建築設備検査は義務付けられており、有資格者による検査を定期的にしなくてはいけないことになっています。建築基準法によって義務付けられていますからこれを無視することはできませんし、検査を実施して担当行政庁に報告しなくてはなりません。検査を受けないで放置しておくと厳しい罰則の対象になってしまうこともあります。
そもそも建築設備検査とは何なのかということですが、この検査はビルやマンション、学校といった不特定多数の人が集まる建物を対象にした検査です。いったい何のためにこのような検査が行われるのかというと、不特定多数の人々が集まる建物で災害などが起きると大惨事になってしまう可能性がありますから、それを回避するために検査を行っているのです。ビルや学校などの建物では火事などの災害が発生してしまうことは珍しいことではありませんし、時に重大な被害を出してしまうこともあります。
悲惨な事故を起こさないため、事前に建物の安全性を確保する目的で調査が行われています。調査は誰でもできるものではなく、有資格者による調査が義務付けられています。国土交通大臣の定める建築設備検査実施者や一級、二級建築士がそれに該当します。ビル管理会社や専門業者に調査を依頼することになるため費用はかかりますが、検査を受けて報告をしないことには義務を全うできません。設備点検の対象となるのは換気口や排煙、非常用照明装置、給水及び排水などが該当しています。

必要な料金について


建築設備の検査を定期的に受けないことには建物の安全性を証明することができません。たくさんの人々が利用する建物の安全性を確保するのはオーナーや管理者の義務ですし、安全性の確保をしないでいるといざ災害が起きたときに大勢の人を巻き込んでしまうことも考えられます。実際に事故が起きてからでは遅いですし、そうなってからでは責任を取りたくても取れません。建築基準法でも定められていますし、人々の安全を確保するためにも建築設備検査は必ず受けなくてはいけないのです。
建築設備の検査にかかる費用が気になるところでしょうが、費用は業者によってまちまちです。現在では建物の管理や調査を行う専門企業はたくさんありますし、業者ごとに設定された料金があります。そのため、ここで一概にこれくらいですと断言することは困難と言えるでしょう。だいたいの目安としては30,000円〜となりますが、これは比較的良心的な価格となります。実際には30,000円を超える金額を設定している業者が多い傾向にあります。
検査費用は業者によって異なるため、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。30,000円程度の料金を設定している業者なら比較的良心的と言えますが、ほかに追加料金がかかることはないのか、報告書の作成費などは含まれているのかといったことを確認しておく必要があります。業者によっては調査費と報告書の作成費が別になっていることもありますから注意しなくてはなりません。いろいろな業者のホームページに目を通し、料金やサービス内容をくまなくチェックしてみましょう。

業者選びで大切なポイント


建築設備検査の業者選びで大切なポイントはいくつもあります。先ほども説明したように建築設備の検査を行っている会社はたくさんありますし、業者によって費用もサービス内容も異なります。金額だけで業者を選ぶというのは少々リスクがありますし、いろいろな部分を精査したうえで業者を決めなくてはなりません。では、いったい何を基準に選べばいいのかということですが、一つには経験が挙げられます。経験が少ない業者よりは豊富な会社のほうが安心して任せることができるでしょう。
業者によっては毎年100棟以上の建物の検査を行っているようなところもあります。このような会社だと比較的安心できますし、十分な経験を積んでいると考えられます。また、これほど数多くの検査実績があるということはリピーターも多いということでしょうし、多くのビル所有者から信頼されている企業であることが理解できます。豊富な経験に基づいたノウハウも持っているでしょうし、あらゆる建物の検査をスムーズに実行してくれるでしょう。
営業年数もチェックすべきポイントです。できるだけ長く営業している会社のほうが信頼性は高いですから、老舗の企業を選ぶことです。営業年数の少ない企業でもきちんと作業してくれるところはありますが、やはり初めて依頼する場合は不安です。長きに渡って営業してきた会社のほうが依頼者としては安心できますし、任せることができるのではないでしょうか。長年営業しているとなると技術力も高いでしょうし、確固たる実績と技術に裏付けされた調査を実施してくれるはずです。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.