ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 建築設備定期検査は技術者が必要

建築設備定期検査は技術者が必要

ホテルや病院、学校、デパートなどの特殊建築物や、マンションや商業ビルなどの建物の管理を行っている所有者や管理者は、定期的にビルの安全性や適正法を確認するために、建築設備定期検査を行う必要があります。建物は年数と共に老朽化が進みさまざまな箇所に劣化が起きるため、定期的に検査を行わずにいると万が一災害が起きたときに設備に不備が起こることがあり、人命を奪うような事故にも繋がりかねません。そのため、建築設備定期検査制度によって、マンションや事務所ビルなど一定の用途や規模を持っている建築物は、1年に1回一級建築士や二級建築士である技術者によって検査を行うように定められています。
近年でもビルのメンテナンスを管理者が怠っていたことから、人命に関わるような大きな事故が起きた実例もあり、その時に管理者にかかる損害も膨大なものになります。事前に事故を防ぐように建築設備定期検査を行うことで、事故を防ぐだけでなく維持管理や損害にかかる費用を抑えることができるでしょう。
建築設備定期検査では換気設備、排煙設備、非常用照明設備、給排水設備の最大で4設備を検査していきます。換気設備は換気フードなどの換気状態や運転に異常がないかを確認していきます。災害時に必要になる防火ダンパーの作動確認も行うことで、災害時に支障がないように点検を行います。排煙設備でも火災などの災害が起きたときに正常な動作するように確認し、障害物や腐食などがないかを点検します。非常用照明設備は火災や地震などで停電が起きたときに大変重要なものになり、迅速に避難や消火活動を行えるように点灯動作や照度の測定を行います。給排水設備は設備の場所が適正かどうか、漏れや腐食がないかを確認することで、重要な水の確保ができるように点検することが大切になります。
こういったさまざまな点検を行うのに重要なのは、点検する技術者の能力が関わってきます。建築設備定期検査は実績や経験が豊富にあるビルメンテナンス専門の業者に依頼し、技術力のある人に検査をしてもらうようにしましょう。建築設備定期検査は費用がかかりますが、あまりにも安価な業者は検査項目が少なかったり、実績がないこともあるので、なるべく費用だけで業者を決めないで、信頼できる業者かどうかを見極めることが大切です。無料見積もりや相談にのってくれる業者もありますので、検査についてわからないことや質問などがあれば聞いてみましょう。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.