ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 建築設備の検査で設備しなおすところがわかる

建築設備の検査で設備しなおすところがわかる

建物の老朽化や不備、作動不良などによって災害が発生することを防止することを目的とした制度のことを、建築設備定期検査制度といいます。
近年、エレベーターやジェットコースターなどの事故が多くありましたが、これらも適切な建築設備定期検査が行われていないのが原因だといわれています。

定期検査をするには、専門の業者に依頼して行います。
専門業者では、安価でありながらも高い技術力をもった専門家が検査をしてくれます。
一級建築士、二級建築士、建築設備検査資格者の専門家がスタッフとしているので、安心して依頼出来ます。
検査前や検査時、報告書作成など検査機関の流れなども見直して効率よく行えるようにしています。

設備したのを検査するのは、経験豊富な建築設備検査実地者や一級建築士です。
実績が長い会社などは、大阪万博での設備した建物や管理などを行っていて信頼もあります。
依頼するときには、高い技術力と豊富な経験なども大切ですが、実績がそれまでにあるかも重要です。
現在の設備した建物などのトラブルを未然に防ぐためにも、信頼できる専門業者を選択しなければなりません。

検査は、ビルやマンション、学校など不特定多数の人々が利用する建物で災害が起こることを防ぐために、建物の所有者や管理者に対して建築基準法によって、定期的に専門家によって行い特定行政庁に報告するように定められています。
検査を実地することで、建物の異常なども早く発見出来ますし、事故などを未然に防止することが出来るので、維持管理費用のコスト削減にもつながります。

検査は、建築基準法に基づいてマンションや事務所ビル、店舗など一定以上の用途や規模を持った建築物に対して、1年に1回ほど有資格者によって行います。
検査に必要な資格は、国土交通大臣の定める建築設備検査実施者、一級建築士、二級建築士です。
主な内容は、換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給排水設備の最大4設備になります。

換気設備は、店舗など室内を新鮮な空気に保つ役割を担う、換気フードなどです。
換気設備点検では、換気状態や運転の異常の確認、風量の測定や防水ダンパーの作動の確認をします。
排煙設備は、不測の事態が起きたときに室内で発生した煙などを建物の外に排出して、人々の避難や消火活動をサポートして、命を守る重要な設備で、障害物の確認や腐食などの状態、設置状況、作動異常の確認などをします。

非常用照明装置は、火事や地震などで停電が起きたときに点灯する照明器具です。
点灯によってスムーズな避難や消火活動が行えて、点検では点灯確認や照度測定、障害物の確認をします。
給排水設備は水を使うための設備で、設置場所が適正かどうか、ポンプの運転異常の確認や腐食、漏れなどの確認や防止をします。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.