ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > 居住者へ悪影響を及ぼすホルムアルデヒドとは

居住者へ悪影響を及ぼすホルムアルデヒドとは

ホルムアルデヒドに要注意



住宅やビルなどの建物には、様々な建材が使われています。現在使われている建材は、現時点での研究で安全性が確立されているものが使われており、大抵は安心して使うことが出来るようになっていますが、古い建材は体調に悪影響を与えるものが多く使われており、過去にはそうした建材によって様々な健康被害が発生していました。

ホルムアルデヒドもそうした身体に悪影響を与える建材に使われていた素材で、シックハウス症候群と呼ばれる病気を引き起こしていました。そもそもホルムアルデヒドとはどういう素材なのかというと、主な使い道としてはプラスチックの原材料として使われたり、接着剤や塗料、防腐剤などに使われていました。非常に安価で用意できることから、様々な建材や多くの建物に使われていたのですが、ホルムアルデヒドに含まれる多くの成分が身体に悪影響を与え、シックハウス症候群をはじめとする様々な体調不良を引き起こすことが分かってきました。その後2003年には、ホルムアルデヒドを使った接着剤などを建材として使わないよう法律で規制されることとなりました。

そのため新たに建てられた建物については、ホルムアルデヒドの心配をする必要はほとんどなくなったのですが、2003年以前に作られた接着剤などが気付かないうちに使われているケースは、昔に購入して保存していた塗料などをもったいないからと住宅の修復などに個人で使ってしまうことで、ホルムアルデヒドによる体調不良を引き起こすトラブルが報告されています。使用した量から強い刺激臭を感じたり、呼吸困難などの症状が現れたときは、ホルムアルデヒドが使われていないかどうか使用した塗料の成分表などを確認してみましょう。



シックハウス症候群とホルムアルデヒド



ホルムアルデヒドとは、合板などを製造する際に使われる接着剤で安く用意できることから、塗料や接着剤など、建物の建設に使われる様々な素材に使われてきました。ところが多くの建物に使われてから、シックハウス症候群と呼ばれる、くしゃみや喘息・頭痛などの症状がいつまでも続く病気が確認されるようになり、その原因がホルムアルデヒドに含まれる有害物質と判明したことで、法律でホルムアルデヒドを使った接着剤や塗料などの使用が制限され、一定の基準値以上のホルムアルデヒドの使用を禁じられるようになりました。

健康被害を起こさないようにするためにもホルムアルデヒドとは無縁の建物を使いたいところですが、ホルムアルデヒドを気付かないうちに使ってしまうケースも多くあります。塗装の塗り替えを自分で行おうとして残っていた古いものを使ったら、その中にホルムアルデヒドが含まれていたり、古い建物に引っ越したら、そこにホルムアルデヒドを使った建材が使われていたりと、昔は当たり前のように使われていたことが原因で管理が行き届いていなかった建物や建材から、ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群に発症するトラブルが起こっています。

ホルムアルデヒドの規制が行われたのは2003年なので、それ以前に作られた建物などはホルムアルデヒドを使った建材を取り除くなど、健康被害防止のための改装工事が必要となるのですが、そうした記録が残っていない建物に引っ越す際などは、一度専門業者にホルムアルデヒドの測定を依頼してみる必要があります。きちんと調べてもらうことによってそこを使用しても問題ないかどうか確認しておくと良いでしょう。



トラブルを防止するには



新築の建物に暮らし始めたときに、身体に異常が現れることがあります。塗料や接着剤を使ったばかりの建物からは少量の有害物質が出ていることがあり、それらが身体に悪影響を与えることがあります。最近の建材はそうした物質の量を極力抑えているので、ある程度期間が経てば有害物質が抜けて、症状も改善することがほとんどなのですが、昔使われていたホルムアルデヒドという物質は有害物質が抜けることなく残り続け、ホルムアルデヒドを吸い続けることで、粘膜などに深刻な健康被害をもたらしていました。そうした症状をシックハウス症候群と呼び、99年代から00年代にかけて大きな問題として取り上げられていました。

2003年からは、法律でホルムアルデヒドを使った接着剤や塗料などの建材の使用が制限されるようなったので、以前のような多くのトラブルが報告されることは無くなりましたが、ホルムアルデヒド関係のトラブルが完全になくなったわけではなく、場合によっては自分の身にもそうしたトラブルが降りかかる可能性があります。

ホルムアルデヒド関連のトラブルを避けるためには、ホルムアルデヒドが含まれていそうなものを遠ざけることが大切です。特に古い塗料や接着剤などは、ホルムアルデヒドが含まれている可能性があるので、倉庫などに古い塗料や接着剤が残っていたら、ホルムアルデヒドが含まれていないか確認して、もし含まれているようなら使わずに処分してください。古い建物を長期間使用する場合も、使用された建材にホルムアルデヒドが使われていないか、もしくは改装工事などでホルムアルデヒドを取り除いているか確認し、確認が取れないようなら専門機関で詳しく検査してもらいましょう。専門機関では、有害物質だけでなく換気や排煙、照明装置などのチェックもしてもらえるところもあるので、そういった機関を利用するのもいいでしょう。




 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.