ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > ホルムアルデヒドとは?知っておくべき事について

ホルムアルデヒドとは?知っておくべき事について

ホルムアルデヒドとはどんな物



ホルムアルデヒドとは、元々自然界に存在している物質ですが無色透明で目には見えません。独特のニオイがありますが、水に溶かすとホルマリンになり、このホルマリンは防腐剤として使われています。フェノールやメラミンと結合しやすい性質を利用して、建築材に使われていました。家を建てる時の接着剤や防腐剤を必要とするところに、ホルムアルデヒドを使っていましたが、本来自然界に存在するホルムアルデヒドについては、呼吸をした時に吸い込んでも呼気と一緒に排出されるか、排泄物と一緒に排泄されるので問題ありません。

しかし、建築材としてホルムアルデヒドを使っている場合、それを常に吸引している事になります。建築材として加工された場合は、発がん性の可能性が高い事が確認されている事もあって、使用しないようになっています。ただし自然界に存在しているため、100%除去する事は難しくなります。

発がん性というのは深刻な事ですが、厚生労働省が定めた基準を超えていなければリスクは大幅に軽減できます。このためにも家を建てる時や家を購入する時、新しい場所に住む時には、ホルムアルデヒド測定が重要となります。

ホルムアルデヒドは建築材だけでなく、自然界に存在する物、天然系の接着剤や防腐剤、形状記憶のシャツなどにも使用されています。普通に使う分には問題ない範囲でも、高温の環境では揮発しやすいので数値が高くなる事があります。特に室内では高温になり、揮発したホルムアルデヒドがこもりやすいので注意が必要です。発がん性の危険以外では、アレルギーの原因物質となるところにも注意が必要です。シックハウス症候群の場合、その原因の中にホルムアルデヒドも含まれます。



ホルムアルデヒド測定について



ホルムアルデヒドとは、自然界に存在していている物質ですが、フェノールやメラミンなどと結合しやすいため、建築材や接着剤としてよく使われています。しかし自然界に存在する物以外に、他の成分や物質と結合させた場合は化学物質となります。家を建てる時の建築材として使う事もありますし、身近なところにある接着剤や、形状記憶シャツにも使われています。

ホルムアルデヒドでも、厚生労働省が定めた基準地を超えなければ問題ありません。自然界に存在している物は、呼気や排せつ物と一緒に排出されます。しかし、安全な基準値であっても温度が高くなるほど揮発しやすく、揮発したホルムアルデヒドが室内にこもると、基準値を超えてしまう事があります。こうなると、アレルギー物質や発がん性物質となってしまうので注意が必要です。自然界に存在するものは濃度が低いのですが、加工した物は高濃度になりやすいのです。

特に、室内は温度が上がりホルムアルデヒドが揮発した時にこもりやすいので、ホルムアルデヒド測定をしておくと安心です。特に最近の住宅は気密化を重視した作りになっており、暑さ寒さを凌ぐにはメリットとなりますが、ホルムアルデヒドに関してはデメリットになる事があります。ホルムアルデヒド測定は専門の業者に依頼すれば対応してもらえます。ただし、ホルムアルデヒド測定を行う業者もいろいろありますので、測定実績があって対応なども親切丁寧なところを選ぶのがポイントです。

インターネットなら、ホルムアルデヒド測定を行っている業者を簡単に探す事ができます。



ホルムアルデヒド測定のポイント



ホルムアルデヒド測定のポイントをいくつか紹介しておきます。

まずホルムアルデヒドとは、もともと自然界にも存在している物質です。自然界に存在している物に関しては、濃度も低く吸い込んでも呼気や排泄物と一緒に排出されます。しかし他の物と加工して建築材に使う場合は、濃度が高くなります。もちろん住宅に使う場合は、濃度が高くならないよう配慮しますが、温度が高くなると揮発するため、室内では注意が必要です。

ホルムアルデヒド測定はビル管理法でも定められています。竣工後に初めて迎える6月から9月の間に行うと決まっているので、それまでにホルムアルデヒド測定業者を探しておきましょう。ただし測定するにも費用がかかります。測定できても、それが正しく測定されていなければ無意味です。測定すれば良いというものではなく、信頼と実績ある業者に依頼する事が重要なのです。まずは測定料金ですが、これは相場を知っておくと安心です。ただし業者による違いはあり、安すぎるのも心配ですし、高すぎるのも負担になります。この場合は他の条件もチェックしておきましょう。

測定器が正常に作動しなければ正しい数値は測定できません。このため定期的に測定器の調整や検査を行っているかどうかも確認しておくことも重要です。ホルムアルデヒド測定をする時は、他の調査も一緒にできると安心です。例えば、騒音測定、照度測定、空気環境測定など一度にできるとより安心です。

調査結果が分かるまでは時間がかかってしまうこともありますが、スピーディーに検査結果を報告してくれる業者を選択することがベストです。その他、実績がある業者を選ぶことで安心して任せることができます。




 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.