ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > ビル管理業界への転職なら

ビル管理業界への転職なら

ビル管理業界への転職を考えているなら、資格を取得する必要性は高いです。ビル管理業界への中途入社の場合、有資格者が採用の条件となっている場合も多いです。

ビル管理業界で資格が求められる理由は、ビルには様々な設備が複雑に絡み合って稼働しているため、それらに異常がないか、日々管理する専門的な知識や能力が必要であるからです。正確な知識がないまま管理していれば、いずれ異常が出てビルの機能は麻痺し、ビルの利用者に大きな影響が出てしまいます。そのため、法令によって、建物の規模によって有資格者の配置人数が決められていたり、有資格者でなければ作業を行ってはいけないなどの決まりがあります。

ビル管理の仕事は、主に、担当物件に常駐し、事務所などに拠点を置いて、電力設備や、給排水設備、ボイラー設備、空調設備、機械設備などの管理・点検・保守を行う業務や、施設の巡回・清掃、利用者からのクレーム対応、施設の老朽化に備えた計画性のある修繕の実施、水光熱費やコスト削減などの省エネ計画の遂行といった業務があります。電力設備関係であれば、数千〜数万ボルトの電流をコントロールしてエレベーターなどの機械設備や、照明、各部屋のコンセントに流し、ショートや漏電がないよう、日々の電力計、電圧計、電流計などの監視する業務があります。

そのため、建物の規模によって作業を行うために、第2種・第1種電気工事士や電気主任技術者などの資格者を配置しなければなりません。室内の温度や湿度、換気を管理しながら冷暖房機をコントロールする空調設備の管理や、受水槽・貯水槽、ポンプや排水装置などの給排水装置の管理、エレベーターやエスカレーター、自動ドアなどの機械設備の管理、空調や給湯装置の動力源である、ボイラー装置管理などにも、それぞれ管理していくには、資格や専門の知識が必要です。
初期の段階で、取得しておくべき価値の高い資格は、第2種電気工事士、2級ボイラー技士、乙種4類危険物取扱者、乙種消防設備士、2級ビル管理設備士、アナログ・デジタル3種工事担当者などがあります。
求人でもこれらのいずれかを持っていることが応募条件となっている場合が多いです。

また、入社後もこれらの資格を登竜門とし、さらなる上位資格の取得にチャレンジし、取得していくことで、社内の評価の向上や、手当などへの反映による年収アップに繋がります。
ビル管理業界の場合、年収は350万円程度からが一般的です。



 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.