ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > ビル管理会社の業務内容と選び方の豆知識

ビル管理会社の業務内容と選び方の豆知識

清掃管理業務について


ビル管理会社は、清掃管理や設備の管理・保安や警備など様々な管理業務があります。ビルによって形態は様々ですが、そこで働く人だけではなくクライアントなどの取引先やお客様が出入りするような場合、清掃はとても大切なものです。会社の評価にも影響しかねませんので、このためにもしっかりとした清掃業務をする必要があります。しかし、一般の企業だけでは限界がある場合が多いので専門の業者に頼むことになります。このような場合に役に立ってくれるのがビル管理会社です。

清掃管理業務にも様々なものがありますが、まずはカーペットの清掃です。最近の建物ではカーペットを利用するオフィスと言うのが増えてきています。しかし、カーペットにはゴミが溜めりやすく、汚れを落とすこともなかなかできないため、汚れが蓄積してしまいます。こういった場合にはカーペットのメリットを最大限活かすためにも、技術力の高い清掃を行ってくれる業者などに依頼をしなければなりません。定期的な清掃をすることでキレイなオフィスを保つことができます。素人が作業をしてしまうと、汚れが広がることやカーペットが剥がれたり色落ちの原因にもなりますので、やはりプロに頼むことが一番便利な方法なのです。

次にオフィスのエントランスやロビー、通路などの床にはキズやヒールマークが付きやすく汚れやすい場所です。こういった場所も業者の方に定期的なメンテナンスを頼むことによって、清潔感を保つことができます。また、長持ちさせるためにも床の清掃と言うのはとても大切なこととなります。

その他にも空調機分解洗浄や空調機フィルター清掃、ガラス清掃、照明器具清掃、石材コーティング、クリニック清掃など清潔に保つための業務を行っているビル管理会社はたくさんあります。それぞれで汚れがひどい場所が違っていることやキレイにしておきたい場所が違いますが、専門的な知識と技術を持ち合わせるビル管理会社であれば安心してお任せできます。






設備管理業務について


ビルやマンションなどの建物で設備の点検と言うのは法律で定められています。こういった場合にも役立ってくれるのが、ビル管理会社です。

多くの業者が行っているものとして、まずは建築設備的検査です。これは法律で定められており、マンションやビルなどの一定以上の用途・規模を持った 建築物の設備の点検を1年に1回必ず行わないといけないとされています。また、この点検は自己点検では点検をしたということにはならず、一級建築士または国土交通大臣が定める有資格者による点検が必要です。こういった場合に役に立ってくれるのがビル管理会社で、こういった点検も行ってくれます。

また、特殊建築定期調査についても、法律で定められており、資格者による点検が必須です。これらのような場合でも、管理会社に頼むことによって資格のある人たちが点検をしてくれるので安心かつ便利です。業者によっては消防設備業の登録を行っているところもあります。
これらのようにビルやマンションには資格を持っている人が点検をしないといけない箇所があるので、こういった場合にはサービスを行っているビル管理会社に依頼をすると便利です。

また、これらの点検以外にも24時間緊急設備対応や常駐設備管理、空調機点検、冷凍機点検、エレベーター点検、巡回設備点検など様々な点検を行ってくれる業者があります。設備の管理をしていないと、災害の場合に機能しなかったということが起きる可能性もあるので、点検と言うのは必要不可欠なものなのです。

ビル管理会社の選び方


業者によってサービス内容が違います。力を入れていることにも違いがあるので、求めていることにあった業者を選ぶことが大切です。

まず一つ目は管理会社の歴史と実績を見るということです。管理会社自体もマンパワーを携えて運営されることもあって、やはり実績と言うのは契約を結ぶ上で大きな判断基準となってきます。特に、大小様々な管理の実績を持っている業者は、多面的に管理の方法を構築していることもあって、万が一の時の対応力が非常に頼りになるということがあります。こういった意味からも実績や歴史と言うのは大切になってきます。

二つ目は重要項目説明書で見極めをするということです。契約を結ぶ前と言うのは、管理会社が重要事項についての説明を行わなければなりません。説明をしない場合には怪しいなと思う必要があります。説明を聞かずに契約をしてしまうと後々大変なことになる場合もありますので、契約を結ぶ前に重要事項を把握しておくことが重要になります。

三つ目は具体的な契約内容の確認をするということです。契約に同意をする前には内容の確認をして、納得をした上で契約を結ぶことが大切です。

ビルの管理と一言で言っても、様々な点検や清掃などがあります。法的に決めがあることはもちろんお願いすることがほとんどだとは思いますが、清掃などはどの範囲まで対応してくれるのか明確にしておくことが大切です。





 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.