ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > ビル管理会社の仕事内容と大阪の就職に有利な資格について

ビル管理会社の仕事内容と大阪の就職に有利な資格について

ビル管理会社の仕事内容



最近、ビルのメンテナンス業を行う会社に就職したいという人が増えています。ビルの管理にもいろいろな仕事がありますが、手に職をつけて生かすことができる仕事があることや、人間関係の煩わしさがあまりなく、働きやすいということから人気がある様子です。ビル管理というと警備などの業務を行う印象がありますが、実際にはどのような仕事を行う職業なのか、また就職するにはどういった活動をすればよいのかという点について触れていきたいと思います。

ビルの設備にはさまざまなものがあり、電気や水道、空調などがありますが、例えば水道やトイレが詰まってしまった、空調が効かなくなってしまったというときに対処したり、定期的に点検を行ったりして不具合が起こらないよう事前に調整するといったこともビル管理の仕事です。そのほか、シロアリなどの害虫を駆除したり、設備の清掃を行ったりするのもビルの管理会社が行う業務になります。

私たちも、ビル管理の仕事は設備の点検などが代表的な仕事だと考えがちですが、ビル管理の仕事はそれだけではなく、ビル内に入るテナントとのやり取りを行うのも重要な仕事です。

テナントが入ることが決まったら、設備や重機などの希望を確認し、要望に応えられるようテナントを準備します。また、ビルには多くの場合ビルの持ち主であるオーナーがいますので、オーナーとのやり取りも必要になってきます。テナントが入る際にはオーナーに報告をし、オーナーの承諾を得た上で準備しなければなりません。テナントやオーナーは、たまに難題をぶつけてくることもあるほか、家賃の折衝なども管理会社が行いますので、コミュニケーション能力はもちろん、折衝能力も必要な仕事です。



ビル管理会社への就職に有利な資格



ビル管理会社の主な仕事のひとつとして、ビルの設備における保守や点検業務が挙げられます。どんな職業でも、就職するにあたりその業務に関わりのある資格を持っていると有利になるものです。ビル管理の場合は、設備の点検や管理において役立つ資格を持っていると、就職活動に有利です。

例えば電気関係の資格があります。電気設備の保守や管理、点検には国家資格が必要な場合が多いので、それらの資格を取得していれば、即戦力として活躍できます。「第二種電気工事士」の資格は実務経験がなくても受験、取得することができますので、まずは受験して資格を取り、就職してから実務経験を積んで、実務経験がないと受けられない資格にチャレンジするとスムーズです。「第三種電気主任技術者」の資格も、実務経験がなくても誰でも受験できます。

次に、ボイラー関連の資格もビル管理の仕事に役立ちます。ビルのエネルギーはボイラーで作っていることが多く、ボイラーは定期的な点検が必要になり、有資格者が同席していないと点検を行うことができません。資格を取得していることで給料に資格手当がついたり、即戦力として活躍できたりする場合も少なくありませんので、興味のある人はぜひチャレンジしてみると良いでしょう。

そして、ビル管理会社で働くあたり、一番有効だと思われるのは「建築物環境衛生管理技術者」の資格です。ビルの管理を行うにあたり、一定の大きさを超えるビルについてはこちらの資格を取得している人がいないと管理が行えないという決まりがあります。ビル管理を手広く行う上で欠かせない資格となります。こちらの資格は実務経験が2年以上ないと受験資格が得られないので、就職に有利になるということはないのですが、取得することで収入アップが見込めますし、会社で責任ある仕事を任されるチャンスを得られますので、ビル管理を極めたいという人はぜひ取得することをおすすめします。



ビル管理会社の就職先は?



ビルを持っている企業と管理している企業は異なるので、ビル管理の仕事をしたいのであればビルのオーナー企業に就職するのではなく、ビルの管理を行っている会社に就職すると良いでしょう。より大きく、たくさんのビルを管理している会社に就職する方が、やりがいがありますし、自分の能力を高めることができるでしょう。また大きな企業のほうが、資格取得の支援を手広く行っていたり、手当もしっかりついたりするようですので、就職先はよく検討されることをおすすめします。新卒の募集も多いですが、転職での募集も多く、また年齢制限も幅広いので、これまで興味があったけれどチャレンジできなかったという人でも転職できる可能性があります。

大阪はビル管理会社が多く、手広く事業を行っている企業もあるため、関東から大阪へ行って就職するという人も少なくありません。大阪のビル管理会社の求人情報をチェックしてみるのも良いです。

ビル管理会社は思いの外、業務内容が幅広いため、技術だけではなくコミュニケーション能力も必要になりますが、仕事が明確なので人間関係のトラブルも少なく、働きやすいと感じている人が多くいます。いろいろな仕事に携わることができ、多くの知識や技術を得ることができますので、1つのことをずっと続けるよりも、いろいろな業務に関わりたいという人は、ビル管理会社への就職を検討してみてはいかがでしょう。



 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.