ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > ビル管理会社のメンテナンスをしよう

ビル管理会社のメンテナンスをしよう

高層ビルや民間のビルを持っているビル管理会社は、定期的なメンテナンスや清掃管理を行う必要があります。病院やホテルやデパートなどの特殊建築物だけでなく、マンションなど民間のビル管理会社も不特定多数の方が利用するため、管理者は安全を守る義務があります。

近年では、ビルの老朽化や避難設備の不備から起きる事故が多くなっていて、人命に関わるような大きな事故も起きています。こうした事故は、ビル管理会社が定期的な安全調査を行わなかったことから起きることがあり、事故が起きた場合はビル管理会社にかかる損害も大きなものになります。事故を未然に防ぎ、ビルの安全性や適切な設備を備えるためにもメンテナンスを行うことが重要になります。

ビルメンテナンスで大切なのは、災害や地震が起きた時の耐久性や防火・避難設備の確保になるでしょう。建築設備定期検査では、建築物に対して、一般構造の換気設備の強度や防火・避難設備の安全調査を調査資格者が毎年または3年ごとに調査報告をすることが義務づけられています。また、非常用の照明装置や給排水設備、エレベーターやエスカレーターなどの昇降機も調査報告することが決まっています。換気設備は室内の換気状態や運転確認をすることで、万が一の時に換気に問題が起きないようにします。防火ダイバーの作動も確認しておくことで火災時に影響がないようにします。

非常用の照明装置は普段使用しないので、緊急事態の時にしっかりと作動するかを定期的にチェックすることが大事です。エレベーターやエスカレーターは多数の人が常に利用するので、老朽化や故障が起きやすいものになります。突然の部品の故障で命に関わる事故も起きかねませんので、人命を守るためにもしっかりと定期的に調査を行いましょう。

ビルのメンテナンスを行うのは、一級建築士や調査資格者になりますので、専門のビルメンテナンス業者に依頼することになります。ビルメンテナンスの業者を選ぶ時に費用をなるべく抑えたいからと、安さだけで決めてしまってはいけません。ビルの調査には設備の不備を判断できる技術力や、経験が豊富なこと、安全に対して意識の高い業者であることが重要になるので、その業者が今までにどのような調査をしてきたかなど、実績や調査内容を比べるようにするといいですね。また、依頼したときにわからないことでも親身になって相談に乗ってくれる業者は安心して調査をお願いできるでしょう。



 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.