ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > ビルメンテナンスの仕事とメンテナンス業務の重要性

ビルメンテナンスの仕事とメンテナンス業務の重要性

ビルメンテナンスの仕事


ビル管理やビルメンテナンスという言葉があり、これは仕事として認められています。オフィスビルでの管理はもちろんですが商業施設や雑居ビルなどのビルでも管理業務は行われます。マンションの管理人のようにビルについて管理業務を行う人がいることはイメージすることはできるものの、具体的に仕事の内容については知らない人も多いものです。しかし、管理業務はビルを安全に利用するために大事なことでもあるのでしっかりと管理内容について知っておくことが重要です。
まず、ビルの管理業務というのは基本的には建物であればどのような建物でも必要です。特に、多くの人が集まる大学やホテル、病院といった場所には適切な管理が必要です。管理業務の一つに空調や電力、ボイラーといった施設環境を適切な状態に保つことがあります。電力の分配、冷暖房の温度管理とフィルター掃除、ボイラーの管理といったものを毎日定期的に行うのです。
そして、このような日々の確認作業以外に大事なのがビル内の巡回と定期点検です。建物の中をチェックして不審者がいないかという確認をします。その際に、設備内の確認業務も行います。老朽化している場所がないか点検をしたり、消耗品の補給をしたり、破損部分の修繕、電球が切れていたら交換をしたりということを行なっていきます。この業務がメンテナンス業務として重要な内容となります。
自分たちで補修ができるようなものであれば、その都度補修を行なっていくのですが、内容によっては補修が難しいこともあります。特に、ビルの老朽化に伴う補修箇所や最近問題となっている建築工事や設計でのミスや手抜き、施工不良といった問題もあるので慎重に対応するべきです。

設備管理業務


ビルメンテナンスというと、清掃やクリーニング、衛生環境業務といったものが日々行われていますが、設備管理業務も重要です。ビルを利用する人たちが少しでも安心して過ごせるよう、そして事故やトラブルが起きないよう、日々の点検で不具合がないかを確認することが重要な業務です。消防点検についても確認が必要で、消防設備の点検が義務付けられています。これは有資格者が行わなければならないので、メンテナンス業務を行う人が資格を持つ必要もありますし、管理業務を依頼する場合には有資格者に依頼したり点検時には有資格者を派遣してもらえる企業に依頼をすることが望ましいです。
日々の点検の中で、破損箇所や気になる部分があれば、その修理について専門業者に依頼をして見積もりを出してもらい、修繕依頼をしていくことが必要です。そして、建物というのはどれだけ大事に利用していても老朽化に伴い大規模な補修が必要なものです。このような大規模な補修をする際には設備の使用方法を検討しなければなりませんし、修繕費用の捻出についても考えなければなりません。このような大規模な修繕にあたっては修繕計画を作成して、それに準じて補修をしていくことになっています。この修繕計画を作成し、施工会社との工事スケジュールの相談やテナントの業務スケジュールとの調整について行なっていくのも、ビルメンテナンスを行なっている人の業務内容の一つです。これらの業務をきちんと行うことで利用者が安心安全に利用できる施設となるのです。

ビルメンテナンス業者の選び方


ビルの管理業務を依頼するとしても、たくさんある業者の中からどこを選べば良いかは多くの人が悩むものです。そこで、選ぶ際に気をつけるべきポイント、確認すべきポイントがいくつかあります。
まずは、たくさんある業務の中で、その業者にとっての得意分野がどこであるかということです。ビルメンテナンス業者には清掃業務やメンテナンス業務、設備管理などたくさんの取り扱う業務があり、その中に得意業務があるものです。皆が防火管理資格を保有していたり、消防点検業務も外部委託せず行える業者もありますし、清掃業務を外部委託する必要がない業者もあります。ビルもオフィスビルであったり、医療施設、商業ビルと設備特性があり、それに応じてメンテナンス業務として求める内容が変わってきます。この得意分野についてはホームページに記載がされていることもありますが、可能であれば依頼したいと考えている管理業者が実際にメンテナンスをしているビルを見学すると、自分の目で業務内容が確認でき安心して依頼をすることができます。
次に、サービス内容や対応内容を確認することも重要です。業者によってサービス内容が異なり、無料で行ってくれるところもあれば有料となるところもあります。サービスごとに別の業者に依頼をすることになってしまう場合もありますから、コスト管理と連絡先管理の面からも極力一つの会社に絞ることが望ましいです。また、問い合わせに対しての受け答え、報告書の内容といったものも大事なことです。契約前に問い合わせた時のスタッフの受け答えの様子はもちろん、契約後の受付窓口の対応時間やその対応内容についても確認して決めておくことが契約後のトラブル回避には有効です。

 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.