ビル管理の東和総合サービス ビルの管理をトータルにサポートする東和総合サービス   お問い合わせはこちら
関西エリア TEL:06-6110-1234
関東エリア TEL:03-35080852
受付:(月〜金)9:00〜17:00 ※祝日、年末年始を除く
メールでのお問い合わせ
ビル管理 ご挨拶 プライバシーポリシー
   
   
ビル管理の東和総合サービス > コラム > シックハウスの原因?ホルムアルデヒドとは

シックハウスの原因?ホルムアルデヒドとは

ホルムアルデヒドとは?



シックハウス症候群の一要因として知られているのが、ホルムアルデヒドと呼ばれる物質です。このホルムアルデヒドとはどのような物質なのかをご説明します。

ホルムアルデヒドとは、化学物質の一種で、特徴的な臭いがある無色透明の液体のことを指します。主にペンキなどの外壁塗装剤の一部として使われていたり、接着剤や消毒剤、防腐剤などにも材料として利用されていることがある物質です。この物質は、樹脂の原料として非常に使い勝手が良い他、接着効果が高いことで知られているため、様々な場面で利用されているのですが、近年人体に有害であることがわかり、一定の物質量に達すると、様々な中毒症状を引き起こすことがわかっています。

接着剤として優秀な反面、長期的に放置すると空気中に散布されていき、人体に悪影響を及ぼす可能性が高いことで知られています。家具などに利用されている接着剤が時間とともに空気中に溶け出してしまい、室内の濃度が高くなることも近年確認されていますので、何らかの体調不良などが表れている場合は、一度検診を受けたり、定期的にホルムアルデヒド濃度を測定することが大切と言えます。

免疫力が弱い赤ん坊やお年寄りはもちろん、健康的な大人の場合でも、ホルムアルデヒド濃度が高い場所に長時間いることで、様々な体への悪影響が出てくる恐れが高いため、症状を悪化させないためにはできるだけ早く環境を改善する必要があると言えます。場合によっては命の危険が表れることもありますので、十分注意が必要です。また、こまめに換気をすることもホルムアルデヒド濃度を下げる効果が期待できますので、できるだけ毎日換気を行うことが大切だと言えるでしょう。



人体に及ぼす影響は?



ホルムアルデヒドは、体に吸収されることで様々な悪影響を与える可能性が高い物質として知られていますが、具体的にこのようにして人体に影響を与えてしまう恐れがあります。

まず有名なのが、シックハウス症候群と呼ばれる病気です。シックハウス症候群とは、くしゃみや咳、鼻水や鼻炎などの症状が現われる他、症状が悪化することで、吐き気や頭痛、めまいやおう吐などの症状が引き起こされる可能性がある病気の一種です。シックハウス症候群の原因には色々と挙げられますが、近年多くの一因として挙げられているのが、ホルムアルデヒドが原因によるシックハウス症候群です。

次に、ホルムアルデヒドによる中毒症状です。急性中毒や慢性中毒など、吸入しているレベルや、濃度の違いによっても症状の違いがありますが、急性中毒の場合は、酷い場合や呼吸困難、慢性中毒の場合も、結膜炎などに陥る可能性が高く、急性中毒の場合は特に、幼児や高齢者は死に至る可能性も低くはないでしょう。他にも、喉への痛みや刺激、涙、よだれ、酷い皮膚炎などに悩まされるなど、明らかに正常ではない状況に陥る可能性が高く、非常に危険と言えます。

ホルムアルデヒドの濃度によって症状の表れ方が異なりますが、ホルムアルデヒドが人体に影響を表し始めるのが、濃度2.0〜3.0の中に三時間前後いることと言われています。タバコ1本が約、0.08と換算できると言われていますので、この濃度がいかに高いかが比べやすいかと思います。濃度が上がれば上がるほど、長時間その場にいればいるほど、人体に影響を表すレベルが非常に高くなります。



ホルムアルデヒド測定方法



このように、人体に様々な悪影響を与える可能性が高いホルムアルデヒドですが、その使用用途を考える限り、ホルムアルデヒドはどうしても生活に密着している成分と言っても過言ではありません。定期的に換気を行うこともケアの一種として挙げられますが、目には見えない成分だからこそ定期的にホルムアルデヒドの濃度を検査しておくことが、自分や家族の身を守ることに繋がると言えるでしょう。

ホルムアルデヒドの検査を行っている業者は数多くありますが、こうした業者を利用することで、自分が現在住んでいる場所の濃度を正しく計算することができる様になります。測定の際には資格を持ったプロの手によって行われ、現在の室内のホルムアルデヒド濃度が測定され、場合によっては、対処方法やその原因なども指摘してくれることもあります。万が一原因不明の体調不良に悩まされているという方などは、特に、一度お試しをしてみることをおすすめします。

また、ホルムアルデヒド濃度の他にも、促音測定や空気環境測定などを一緒に行ってくれる企業も多くあります。これらも目には見えないものだからこそ、数値としてデータ化することで、自分が現在おかれている状態がどのようなものなのかを客観的に判断がしやすくなります。必要に応じてこうした検査や測定を行うことも大切なことだと言えるでしょう。測定の料金自体は企業によっても異なりますが、5000円前後から1万円前後で測定を行うことができる場所も多く、定期的に検診を行っても、比較的リーズナブルで利用することができると言えるでしょう。




 
 
Copyright(c)2005 TOWA CORPORATION. All Rights Reserved.